スポンサーサイト

続きを読む >

草むら・考 ・・・ 若月陽子展

草むら・考  /若月陽子展名古屋TV塔の東、フラワーノリタケの7階に、ティザーヌ・インフュージョンという雑貨屋さんがあります。今日は、その奥のギャラリーで開かれている、若月陽子さんの、版画展を見てきました。クローバーはどこでにでも自生している植物。見たものは、凝視されたクローバー、地面から剥ぎ取られ、キャンバスに写される。人の心が求めるものはいろいろです。なんでもなく自然に生きる植物、クローバーの命...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味工務店の作業所に搬入したのは、改修工事のすすむ古民家から、分解された丸太の梁です。汚れを洗い落として、大昔、この家を刻んだ棟梁が丸太につけた、基準墨を探します。墨付けをした、当時の仕事を確認して、新しく組み直していく手掛かりを探ります。コンクリート土間に、仮に組み立ててもらいます。もともと、曲がりくねった癖のある丸太材。素性の悪さが取り得です。家を...続きを読む >

水谷一子展  [FAVORITISM ⅩⅡ] 佇

水谷一子展  [FAVORITISM ⅩⅡ] 佇ワイヤーアートの水谷一子さんの[FAVORITISM ⅩⅡ] 佇 を訪ねました。蒲郡市の花屋さん、花木土にも、一子さんの作品が数点展示されています。銅のワイヤーが「青年」の輪郭を縁取っていく。「娘」の輪郭を撫でていく。白い壁面に、スポットライトの影が、心の姿を人の姿に映し出していく。消えてしましそうな瞬間、そこではない違う場所に影を映す。はかない命のように。そんなふうに感じる...続きを読む >

「素材を訪ねる旅Ⅱ」

「素材を訪ねる旅」シリーズ第2弾・・・・天然塗料と石工を知る旅、愛知県岡崎市を訪れました。最初に訪れた大田油脂株式会社は、宮内庁御用達の創業明治35年、一世紀の歴史を越えた油を精製する会社です。食用油はもちろん、建築塗料も開発。天然材料にこだわった荏胡麻油に久米蔵と名する弁柄や松煙などの顔料を配合した自然塗料「巧の塗油」がありました。シンプルで分かりやすい材質からなる塗料であり、特長も納得できる、...続きを読む >

「田んぼに囲まれた見晴らしのいい家」OPENHOUSE

「田んぼに囲まれた見晴らしのいい家」のオープンハウス先週末、4月2日・3日にオープンハウスを開催させていただきました。春のとても気持ちの良い天候にも恵まれ、大変たくさんの方に来場いただきました。本当に、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。建築写真や建築模型、スケッチや図面、家の素材や構造部材など展示しました。家づくりに関わる様々な想いを皆さんに伝えたく、レイアウトしてみました。室内空間...続きを読む >

山田高志建築設計事務所のオープンハウスのお礼

先週末、4月2日・3日にオープンハウスを開催させていただきました。お忙しい中、たくさんの方にご来場いただきましたことを、お礼申し上げます。両日とも天候に恵まれ、トラブルも無く円満の内に開催できましたのも、ご来場くださいました皆様のおかげと感謝しております。ご来場の皆様に何か一つでも実りのある催しであってほしいと心より願っております。又、スタッフ一同に取りましても、得るものの多いオープンハウスであっ...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。