スポンサーサイト

続きを読む >

レモングラスの壁塗り、家づくりの楽しさ実感!

田んぼに囲まれた見晴らしのいい家家族みんなで壁塗りに挑戦していただきました。施工する場所は、寝室と3箇所あるトイレの壁を仕上げていきます。窓の額縁や、出入り口の建具の枠など、白木の部分にはあらかじめ、汚れないように、ペンキやさんにクリアーをペイントしておいてもらいます。今回は、比較的簡単に塗り壁が楽しめて、手仕事の味わいが感じられる、シルキーパレットを用意しました。色は何色かサンプルを依頼して、み...続きを読む >

「 生活をていねいにする 」・・・木工ふくなりの家具

「 生活をていねいにする 」・・・木工ふくなり は家具設計・製作・修理の工房です。「 生活をていねいにする 」とはじまるパンフレット。時を経るごとに、その時間の流れを美しく刻んでいける家具をめざしています。とっ・・・・木工ふくなり展 ~時を美しく刻んでゆける家具~   文化のみち橦木館を訪ねてきました。愛知県豊田市足助町で活動する家具作家さんです。とても静かな時を刻んでくれそうな家具であり、とても純...続きを読む >

「素材を訪ねる旅」

「素材を訪ねる旅」・・・・岐阜県多治見市、瑞浪市のタイルの製造工場を見学してきました。岐阜県の多治見市、土岐市、瑞浪市は、愛知県の瀬戸市とともに、陶磁器の産地として有名です。建築素材の一つである、タイルの製造も盛んで、日本中のほとんどのタイルをこの地で作っています。岐阜県多治見市の高山製陶株式会社を訪ねました。乾式製法による大型床タイルの製造を見学しました。床のタイルは、玄関やアプローチ、お風呂や...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味古い日本の民家の屋根裏の写真です。けっして特別な家ではなく、ごく普通の家庭の、古い家です。山で育った自然の松の木を切り出して、家をつくる材料として加工する。屋根を支え、家を築く丸太の梁です。その表情は迫力があります。その材に向き合った大工さんの技量も生々しく、その表情からは今でも息づく時間を感じることができます。ただ家はつくられるのではなく、家族の...続きを読む >

いつも大工さんに作ってもらう家具のイロイロ

「いつも大工さんに作ってもらう家具のイロイロ」家づくりの現場では、色んな家具が必要です。椅子やテーブルなどのように、すでにクライアントが日常的に使用し、新しい家に持ち込む家具もあれば、今までの暮らしのなかでは、存在しなくて、新しい生活の中で、生まれてくる家具があります。僕はいつも、建築の一部として、現場で家づくりをしている大工さんに、家具を作ってもらうことがあります。■下写真/キッチンのバックヤー...続きを読む >

「ふきのとう」で春の予感

「ふきのとう」で春の予感蒲郡市の花屋、花木土さんから少し前にいただいたコケ玉があります。しばらく気にせず、静かにしていたのですが、ふと気づくとムックリムクムクと大きな頭を持ち上げている「ふきのとう」発見です。・・・「春」感じました。大きく深呼吸して、身体中に「春」をつめこみました。...続きを読む >

「砂子の家」の屋根瓦。

「砂子の家」の屋根瓦は、とてもシンプルなデザインの、洋風平瓦です。軒先では雪止め瓦もあり、安心かつ、美しく葺き上がりました。いぶし銀のシルバー色が夕日の茜色に染まってとても綺麗でした。「柱や梁」を木で作る、軸組み木造住宅の構造は地震や風などの耐力チェックを構造計算し、プレカット加工された「柱や梁」を組み建てて施工していきます。その構造の素材である「材木の軸組」はとても美しく、迫力があります。各種接...続きを読む >

「花木土」のホームページついにUPしました。

蒲郡市の花屋さん「花木土」のホームページがついに、UPされました。フラワーギャラリーにはアレンジメント、ブーケ、鉢や雑貨の案内があります。ネットショップもこれから動き始めるようです。ブログ「花矢の柵」は花木土でのどんな物語が綴られていくのかとても楽しみです。元気な「花木土」これからもよろしく!!花屋さん「花木土」のホームページ http://www.kamokudo.com/ 花屋さん「花木土」のホームページ http://www.k...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。