スポンサーサイト

続きを読む >

「金平町の家」 REMODEL

「金平町の家」REMODEL蒲郡市の郊外、築85年以上住んできた家。どのようにして、次の世代に繋げたらよいのか。試行錯誤の連続の中で、新しい暮らしを創造するために、家族と共に歩き進めた、REMODELプロジェクトです。「金平町の家」 リビング「金平町の家」 2階吹抜け「金平町の家」 外観...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味今年の夏は、この家と共に、たくさんの汗を流しました。多くの職方の皆さんと共に、生き生きとした、建築の持つ力を感じられる空間に仕上げることができました。この家のダイナミックな迫力は、大きな丸太梁の存在です。空間を自由に飛び交うこの梁たちを活かしながら、今の感性に応える上質な空間を生み出していくことが、蘇生していく現場での、大きな命題でした。新しく作っ...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味古民家の改修作業工程は新築の家づくりとは大いに異なります。プランニングの段階で、多くの情報を現場に通い、実際に建っている家を実測し、細部をスケッチしていくことで、その家の持っている力、魅力というものが理解できてきます。最初の解体作業は、解体する職方と、蘇生していく大工の皆さんといっしょに作業しました。現場を読み解くように、剥がすような感じで、家を構...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味工務店の作業所に搬入したのは、改修工事のすすむ古民家から、分解された丸太の梁です。汚れを洗い落として、大昔、この家を刻んだ棟梁が丸太につけた、基準墨を探します。墨付けをした、当時の仕事を確認して、新しく組み直していく手掛かりを探ります。コンクリート土間に、仮に組み立ててもらいます。もともと、曲がりくねった癖のある丸太材。素性の悪さが取り得です。家を...続きを読む >

「古い日本の民家」を住み繫いでいくことの意味

「古い日本の民家」を住み繫いでいく解体工事をはじめました。一つ一つ、確かめながら、人の手によって解体されていきます。非常に、冷静に、物静かに、確かめられながら・・・何年ものあいだ、着せられていた、インテリアの仕上げ材。解体され、裸にされていくなかで、柱や梁や、土壁が、僕たちに語りかけてきます。53年の歳月を超えて、太陽の日差しが家の中に、再び差し込みます。大きく息を吐き、生の光が、蘇生の起動...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。